それはきっと妄想

まとめるのも伝えるのも苦手な在宅の備忘録と心の叫び

2017年ライブのこと - 柏木由紀ちゃんについて -

.


私がゆきりんのライブへ行ったのは、2016年春に行われたソロツアーの名古屋公演と、2017年秋に愛知県蒲郡市にあるラグナシア園内アートシアターにて行われたアコースティックライブの2回。
後者について思い出しながら書いていきたい。(思い出しながらなので、乱文もいいところ)

(先にすこしだけ昨年春のツアー名古屋公演の雑感を言うと、ゆきりんワールドの住人でよかった!ということと、意外と私と同じ年頃やそれより若い女ヲタさんがいて嬉しかった!ということ。それでは本題に……)



2017年10月1日にラグナシア園内・アートシアターにて行われた「柏木由紀トーク&アコースティックライブinラグナシア」に足を運んだ。

昼と夜の2公演で、チケットは座席と立見の2種。
私は昼の座席でチケット当選した。

学生の頃からの友人で、卒業後アイドルに興味を持って、好きになった子と一緒に行く予定だったが、彼女は体調を崩してしまい行けなくなった。当日の朝、その連絡を受けた私は半ばパニック。空席は作りたくない!どうする?どうする?
Twitterでタグ検索などをしてチケットを探している人がいないか探し、人見知りの緊張しいが勇気を出して連絡をした結果、幸運なことにご縁があった。

緊張しながら電車とバスを乗り継ぎ現地に到着。友人以外とこのような形で会うことは、はじめてだったのですこし不安だったけど、思いのほか速やかに合流できてひと安心。
その方も、そのお仲間の方も、いい人たちばかりで、とっても嬉しかった。

限定グッズを購入して、その場で待機。開場までの時間はあっという間だった。


チケットの画面を見せて、アートシアターに入る。
入口付近で既に、ステージとの距離の近さに驚いた。前から2列目である自分の座席にかけると尚更近い。期待が高まる。
お話ししながら開演を待ち、カーテンの向こうに人影が見えてから間もなく開演した。

公演名にあるとおりアコースティックということで、ステージに立つのはゆきりんと、サポートでギターとキーボードの演奏をしてくださる宮田“レフティ”リョウさんの2人というシンプルさ。(余談だが、宮田“レフティ”リョウさんはメディアでは顔を隠し、ライブ等でしか顔出ししない人である。)


すこしゆきりんのライブからは話が脱線するのだけど、宮田”レフティ”リョウさんがレフティ―モンスターPとして投稿した「ホシアイ」が素敵なのでおすすめしたい。
www.nicovideo.jp

また、中学校の同級生である伊東歌詞太郎さんとの2人組ユニット、イトヲカシは曲の良さはもちろん、歌詞太郎さんの力強く爽やかな歌声が心地良いので、こちらもおすすめ。
www.youtube.com


話を戻して、ゆきりんだるまのペンライトで会場は青一色。ライブは「遠距離ポスター」で始まった。

全体の出方を窺った結果、今回は座席を立たず、MIX等もなく、静かにペンライトを振るのみ。存分にゆきりんの歌声を堪能できる空間だ。
披露された曲は、ゆきりんが関わった楽曲の中でも私が好きなものばかり。大満足。

レフティさんのギターの弦が切れたり、立ててあったギターが倒れたりとハプニングもあったけれど、終始和やかな雰囲気。

ゆきりんの歌声は変わらず安定していて、真っ直ぐこちらに届いてくる。ただただ綺麗な高音が印象的なCD音源に対して、そこに迫力が加わるのはライブならではだと思う。
MCはやっぱりおもしろい。もしゆきりんのMCを聞いたことがない人が聞いたら、そのサバサバしたかんじというか、適当さに驚くかもしれない。(事実、私の妹は、私がDVDをみているときに偶然MCを聞いて「意外といいね」と言っていた。)

無茶ぶりコーナーでは、レフティさんの中にある女性アーティストのピアノで伴奏できる曲からイントロクイズ状態。
プリンセス プリンセスの「M」がわからなかったようで、ゆきりんは半ば世代のせいにしていた。(私はわかったから、おそらく世代のせいじゃない。)
そんなこんなで即興で、一青窈さんの「ハナミズキ」とaikoさんの「カブトムシ」を披露。伴奏だけではなく、しっかりコーラスもするレフティさんには流石のひと言。

流石と言えば、ゆきりんもMCで触れていたけど「Green Flash」では会場のペンライトが一斉に緑色へ変わった。団結力。
記憶が曖昧だけど、ゆきりんが私の曲って言ってもいいよね?みたいなことを話していた。(共にWセンターをつとめたにゃんにゃんは卒業してるから、とかいろいろ)

あとは「ぜんぶ自分でやります」って言ったらしく、話しながらとことこ椅子を運んだり、ファンの声と一緒に幕を開けたり、なんだかかわいいし、新鮮でおもしろかった。


個人的には、「ある秋の日のこと」「あまのじゃく」「それでも泣かない」をあの空間で聴けたことが最高だった。

あとは「女子いっぱいいる!」ってゆきりんが言うのが嬉しい(から、ひと目で女子だとわかってもらえる身なりで行きたくなる)。

そして常に仕草から何からゆきりんがかわいい。きらきら。


セットリストの決定やレフティさんへの連絡の慌ただしさや、リハーサルは前日に1回だけというのは、言われなければわからない。
シンプルな構成で届けられたライブは、それくらい完成度も満足度も高かった。
みんなの大好きな気持ちが溢れたあたたかな空間。ゆきりんが届ける歌や夢のような時間は、間違いなく足を運んだ人にとって日々の活力になる。だからこそ、これからもゆきりんには活動を続けてほしいと願う。


(2018年1月3日のライブに当選したので、行きます。今のところ予定は空けてあるので、屋外ゆえ当日の天気だけが心配。)



xx

2017年ライブのこと - 近藤晃央さんについて -

.

 


私がはじめてライブハウスというものに足を踏み入れたのは、近藤晃央さんの2nd ONEMAN TOUR~IRIE LAND~の名古屋公演だった。

終始どきどきしながら、振り幅の大きな世界観に圧倒されたのを憶えている。それが2016年6月。昨年のことだ。

そして今年は3回、彼のライブへ足を運んだ。

 

 

まずは、1月27日 ONE MAN LIVE 2017「分泌音」 @Electric Lady Land

 

MCらしいMCは殆どなく、曲や音と照明によって作られた世界は、どこか現実離れしていながら、それでいて確かな痛みが残るものだった。この感覚は言葉にし難く、足を運んでよかったと思う。

 冒頭の4曲、「hitoshe」「反射光」「エーアイ」「無表情」はライブの導入として大きな役割を果たしていた。

 

闇に光で描き、光に闇を含ませる。相反するものが渦巻く空間は非常にスリリングで、内なる感情や心臓音、呼吸音はこの空間でこそ強く、偽りのないものだと感じた。

 激しく叩きつける雨音のような間奏から続き、本編の最後を飾った「涙腺」は紛れもなくこのライブの象徴だった。

 

 

次に、3月25日 「ACOLOGIA vol.12 ~THE EACH BLUE~」 @名古屋ブルーノート


こちらは普段のライブとは異なり、ストリングスを迎えた豪華な編成。

会場も通常のライブハウスとは異なり、着席して食事を楽しみながら、ゆったりとライブを楽しめるというもの。

アーティストドリンクなるものがあり、今回は涙腺をイメージしたカクテルがアルコール入りとノンアルコールの2種。(本人はあまり味に納得していないようだったが、私は美味しかった。)


上質な大人の空間といったかんじで、会場の雰囲気に緊張したけれど、贅沢な時間だった。


ストリングスによって、曲がやわらかな印象になったり、壮大な印象になったりと、とてもおもしろかった。「かな」をこのライブで聴けたのも嬉しかった。


また名古屋ブルーノートでライブがあればいいなと心から思っている。


 

そして、9月24日 5th Anniversary Live「KAIKAKI」 @Zepp DiverCity Tokyo


こちらは全席指定、一夜限りのデビュー5周年記念ライブ。

(行動範囲が主に愛知県内である私にとっては、思い切った遠征と言っても過言ではないのだけど、それを可能にしたのは、発表が半年前のブルーノートだったことにある。)

 

曲や歌以外で、彼のライブの魅力である照明や間奏をはじめとした演出はこのライブでも健在だった。

後に更新されたブログで、舞台裏は慌ただしかった旨が記されているが、私が気付いたのは歌詞間違い1ヶ所だけ。受け取る側としては、非常に熱量の多いライブだったように思う。


「存在照明」では、おりてきた電球に彼が手を伸ばすと光が灯り、「フルール」ではたくさんの淡い色の花びらが舞い落ちた。(要所要所でぐっとくる。)


今回はメインステージ以外に、客席の中にセンターステージが設けられ、360度観客に囲まれて歌う場面もあった。

私の座席は2つのステージの間にあり、センターステージでは後ろ姿を見ることになったのだが、これがまた新鮮だった。特に「ベッドインフレームアウト」という官能小説のような表現が含まれる曲では、その後ろ姿に言葉にし難い艶っぽさと熱があった。


このライブで取り入れられたフラッグは、その配色もあってライブをより華やかに彩っていた。(が、私の場合、扱い慣れるにはすこし練習が要る。)


私が彼のライブの中で最も好きな「ビビリーバー」から「テテ」の流れは、観客のボルテージが最高潮だと感じた。

声を出したり、拳を突き上げたり、タオルを回したり、キーボードの洋ちゃんがしっかりリードしてくれる安心感もばっちり。


MCはいつもどおり熱く、それでいてほっこり。お決まりであるアンコール後の全グッズ紹介では、先行物販で売り切れたものがサンプルとして登場していることに対し「ここにあるじゃん!」なんて一幕も。


全体を通して、5周年という時間や熱をしっかりと感じることができ、満足度の高いライブだった。



思い出しながらざっくりまとめて書いたから、記憶が曖昧なところもあるし、5周年記念ライブのMCは書き出したいことが山ほどあるけど割愛。ぜひ彼のライブで楽しんでほしい。


2018年は制作の年になるそうなので、またの機会を楽しみに待つつもり。


近藤晃央というシンガーソングライターとしての活動が続く限り、ずっと応援していきたいと思う。




xx

2017年ライブのこと - Official髭男dismについて -

.


別の出演者目当てで行った、2016年のZIP-FM AUTUMN SQUAREで、はじめてみたOfficial髭男dism。
バンド名とアーティスト写真という情報だけでは、アイドルバンドなのかな?なんて印象。しかし曲が始まった途端、そう思ってしまったことを非常に申し訳なく思った。

いい!とってもいい!

音楽に詳しくない私では、彼らのジャンルが何なのか説明することができないけれど、素晴らしいのだ。ポップな音とボーカルの伸びやかで心地の良い声。披露されたのは思わず体が動くような曲だった。

(あと、どうしても見た目に注目してしまいがちな私の個人的なポイントとして、ギターの人がかわいいというのも記しておく。)

その後、発売されたシングルとアルバムを購入。
そして2017年12月2日、念願のライブへ行った。場所は名古屋ボトムライン

率直に言って、楽しい。

はじめて彼らのライブへ来た人やはじめてライブハウスへ来た人、誰も置いてきぼりにならない。

ツアーのセミファイナルということもあり、私自身
、ライブが始まるまでノリについていけるか不安だったが、そんな心配は不要だったのだ。

曲中は非常にかっこよく、MCはとってもかわいい。

ボーカル&キーボードの藤原さんの声は屋外で聞いたときよりも遥かに綺麗で迫力があり、弾き語りでは照明も相まって本当に素敵だった。(あとたまに前髪をかき上げる仕草がなんだか艶っぽかった。)
ギターの小笹さんは見せ場が多く、ポップな曲の中でも全体の印象を引き締めているよう。真剣な表情もにかっと笑った顔も魅力的。
そして体に響いてくるのが気持ち良いリズム隊。
ベースの楢崎さんはサックスも演奏できる強者。いちばんにこにこしていて、その楽しそうな笑顔を見ているだけでこちらも楽しくなる。ベースとサックス、演奏している姿はどちらもとってもかっこいい。
ドラムの松浦さんは安定していて、バンドの演奏を支えるお父さんのよう。思わず体が動く曲の要かもしれない。こちらもにこにこしていて、楽しそうなのが印象的。
あとは4人のハーモニーがとにかく綺麗。必聴である。

MCは藤原さんが主に話して、それに楢崎さんが相槌を打ってるかんじ。小笹さんは振られればしっかり応える。松浦さんは今回だけなのかいつもなのかわからないけど、受け答えがふわっとしていて「かわいい~」と言われていた。(確かにかわいかった。)
まるで同じ教室で話しているクラスメートの話を聞いているようなアットホーム感。

煽りは貶す傾向がなく、観客を褒めて褒めて盛り上げてるかんじが好印象。手を振ったり、拳を突き上げたり、ジャンプしたり、初心者もついていけるようにリードしてもらえる。観客が歌うところでは、みなさんしっかり声が出ていて、私も気兼ねなく参加できた。
(というか自然と体が動くし、声も出る。)


CD音源以上の音楽、チケット代以上の価値をしっっっかり届けてくれるライブ。楽しくてたまらない。2時間弱程度だったと思うのだけど、あたたかな空間で、本当にあっという間の時間。
夢のようだけど、さめないわけではないというのもポイントかもしれない。
Official髭男dismのライブにまた来たい!そう思える最高の時間だった。また愛知でライブがあって、それに行けるよう、ライブが終わった直後から願わずにはいられないのだ。


何も知らない私がアイドルバンド?と思ってしまったOfficial髭男dismというバンド名には、髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたいという意思が込められているとのこと。
まだまだ詳しくない私だけれど、彼らが髭の似合う歳になっても、彼らの音楽でわくわくしていたいと思った。

ライブで聴きたいと思っていた曲を聴くことができたし、ライブで聴いたことによって更に好きになった曲もあるし、私にとってはじめてのOfficial髭男dismのライブは最高だった。


xx

ヲタ歴とか諸々

 

前の記事で書いたように記録も兼ねて私のヲタ歴?を思い出せる範囲で書いていきます。

 長文、乱文なので、さらーっと読んでいただければ幸いです。時期が重なっている方は懐かしさを共有できれば嬉しいです。

 

 

はじめてアイドルを好きになったのは、2007年7月。

日本テレビ系で放送されていた連続ドラマ「探偵学園Q」で天草流役を演じていた山田涼介くん。

 

前年に放送されていた同ドラマの単発も見た記憶があるけど、そちらのときはキャストに関する記憶がないに等しい。残念。

 とにかく、当時の私にとって山田涼介演じる天草流がかっこよく、天草流を演じている山田涼介がかっこよかった。アイドルと認識した上で好きになったはじめてのアイドル。(というのも、それより前にジャニーズだとわからずにテレビで見かけたYa-Ya-yah山下翔央くんをかっこいいお兄さん!と思っていた。)

 

そして初心者なりに山田涼介くんについて調べ、同年8月1日に彼が所属するHey!Say!7という期間限定ユニットがCDを発売するという情報を得た。

 

買うしかない!!!!

 

このHey!Say!7がリリースした「Hey!Say!」が私のはじめて買ったCDであり、アイドル好きの扉を開けたものだと言っても過言ではないと思う。

 ここで山田涼介くんをきっかけに知ったHey!Say!7の中島裕翔くんと知念侑李くんも好きになった。担当は山田涼介、副担は中島裕翔と知念侑李という状態だ。

 

Hey!Say!7に関するテレビ視聴について記憶が曖昧になるのだけど、同年9月24日に結成を発表したHey!Say!JUMPが出演したHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPの生放送は見た記憶がある。謎。

 人数が倍になった!?正式なデビュー!?Hey!Say!7のメンバーが変わった!?とまあ、新参なりに混乱しつつHey!Say!JUMP担になった。古参の方にとって、この発表はもっと深刻かつ重大な出来事というのは、後々知ることになる。

 

 私は在宅(茶の間)ヲタになった。気付けば10年。

 Hey!Say!JUMPが出演するテレビやラジオは、私の住んでいる地域では放送されないことが少なくないので、情報を網羅できず常に諦めモードだった。例を挙げるとYouたちは昼間放送、平ファは深夜、昭和平成は深夜打ち切りという具合。

 したがってCDやDVDを買い、見ることのできるテレビを見る、まったり系の在宅ヲタ。にわかと言われても反論できないくらいである。

 

 

次にAKB48グループ。

 

AKB48が気になりだしたころ、愛知県にSKE48が誕生した。

試しに見てみるかーというふわっとした心持ちで2008年7月から2009年6月まで中京テレビで放送されていた「SAKAE TA☆RO」という深夜のバラエティ番組を録画していた。

正直制服計画と番組ラストのパフォーマンスしか記憶にない。(もっと正直に言えば、つきなばかり目で追っていた。)

 

そして同年にテレビ東京系で放送されていた深夜ドラマ「メン☆ドル ~イケメンアイドル~」を偶然見た。

 AKB48から派生ユニット・ノースリーブスに所属していた小嶋陽菜ちゃん、高橋みなみちゃん、峯岸みなみちゃんの3人が出演していたものだ。

 

私はその中で、小嶋陽菜ちゃんが群を抜いていい!と思った。普通の女子の姿ではかわいくて、男装姿はかっこいい。AKB48への入り口は紛れもなく彼女だった。

 

(何年も前にネット上で○○新規という48ヲタ歴の表記は握手会に行った時からのものだぞ!と怒られたことがあるのだけど、いかんせん在宅なので2008年から好きでも握手会に行ったことがない。仮で大声新規と言ってみたり、10年桜新規と言ってみたりしている。)(本当のところはわからないので教えて詳しい人!)

 

Mステでまいまいこと大島麻衣ちゃんがラストシングルという話をし、10年桜を披露していたのがはじめてまともに見たパフォーマンスだった。当時目を引いたのは、まいまい、あっちゃん、にゃんにゃん、珠理奈。

最終的にシングル言い訳でゆきりん推しに落ち着いて今に至る。あくまでゆきりん推しが揺るがぬだけで、比較的にわかDD傾向。かわいい子はかわいい。

 

 

あとは2010年あたりに中堅だと言われていたグループをNHKMUSIC JAPANで見ていたくらい。

ももクロ東京女子流スパガぱすぽ、アイドリング、9ninebump.yあたりをなんとなく見ていた。

ハロはハロモニ見てた世代だけど、あまり記憶になく、今もYouTubeで公式MVを見たり見なかったりでゆるい。ただ、えりぽんが1秒でも長くテレビに映れることを願うのみ。

 

男性だとBOYS AND MENやMAG!C☆PRINCEといった地元の人たちが気になったり、好きになったりというかんじ。今はマジプリの永田くんと大城くんがアツい。

 

 

そんなかんじで雑になってしまったけれど、わかる人にはめちゃくちゃわかる時期のお話だったはず。

 

ここしばらくは、℃-ute解散、ももち引退、ハロプロ新体制、奈々未さん引退、あみた卒業、なーにゃ卒業とか書き出したらきりがないくらい、にわかでもざわざわせざるを得ない出来事が続いているけれど、私はHey!Say!JUMPとゆきりんを軸にまったり在宅を続けていけたらいいなと思っています。

 

もちろん、アイドル以外にも好きなものはあるので、そちらも追いかけつつにはなるのだけど……

 

 次の更新はいつになるかわからないけれど、備忘録的に現場のこと書けたらいいな。

 

 

 

xx

それはきっと

 

 

ブログと呼ばれる類のものに手を出したのはいつぶりだろう。

 

Twitterだけではなんとなく物足りなくて、知り合いに読まれない前提で文を書きたかった。

 あとはアイドルに関する情報収集のためにネットサーフィンをする中で、たどり着いた数々のブログが非常に楽しそうで思わず始めたくなった。

 勢いで開設してしまったので、いつまで続くのか自分でも全く分からない。

 

ひとまず、アイドルに関すること。在宅としての備忘録と心の叫びを書こうと決めて、初投稿はおわり。

 次の記事では、私のヲタ歴を思い出せる範囲で記録も兼ねて書くことができればいいなと考えています。

 

 

xx